短期賃貸とは…一般の賃貸と比較してご紹介

短期賃貸のアパートを上手に利用する方法

一般的な賃貸のアパートは、入居の際の審査や手続きが煩雑であったり、2年ごとに契約の更新が必要である場合がほとんどです。
短期賃貸の場合は必要な期間だけ利用することができ、契約の手続きも容易なため、利用される方が増えてきています。
短期賃貸のアパートとは、どのような物件なのでしょうか?また、どのような人達に利用されているのでしょうか?その特徴やメリットを、一般の賃貸物件やホテルなどと比較しながら紹介していきます。

短期賃貸のアパートとは?

写真

短期賃貸のアパートは生活に必要なベッドや洗濯機、冷蔵庫などの家具や家電が最初から備え付けられています。
そのため、契約すればすぐに入居できることが大きなメリットになります。
一般の賃貸アパートに引っ越す場合は、敷金や礼金、引っ越し費用や家具や家電の購入など初期費用がかさみます。また、ガスや水道・電気などのライフラインの手続きも必要ですし入居まで時間がかかることが多いものです。

短期賃貸のアパートであれば、家具や家電の購入が必要なく、引越しにかかる費用も少なくて済むため、初期費用を抑えることが可能です。
ライフラインの手続きは物件を運営する業者が行うので、面倒な手続きも必要ありません。新しい生活がすぐに始められるのが短期賃貸のアパートの特徴です。

どのような人が利用しているのか?

短期賃貸のアパートは、企業では中長期の出張や研修などで、個人であれば大学受験や就職活動のシーズン中の滞在先として、家のリフォームや建て替え時の仮住まいとして、仕事や趣味の空間として利用されています。
また、長期入院している家族の付き添いや長期の休暇などでゆっくり観光する時の拠点としても利用されるなど、利用される目的は幅広くなっています。

短期賃貸の場合は、家電や家具が設置されていて水道光熱費が料金に含まれていることが多く、一般の賃貸の家賃より割高に感じる場合がありますが、手続きが簡単でホテルのように鍵を預けるなどの制約もありません。自宅で過ごす感覚で寛げることが短期賃貸のアパートを利用するメリットのひとつにあげられます。

料金の仕組みはどうなっている?

短期賃貸の物件の料金は、賃料にあたる利用料の他に水道光熱費や管理費、清掃費が含まれていることが一般的です。
家具や家電の設置や維持費、インターネットの通信費なども利用料に含まれています。業者によって項目が違いますが契約手数料や諸経費なども含まれている場合があります。
利用料金は契約の期間の費用は一括前払いが基本となっているところがほとんどですが、月々の支払いの相談に応じている業者もあります。水道光熱費は利用料金に含まれていますが、限度を超えた利用に関しては超過料金が発生する場合があります。
オプションとして寝具のレンタル、調理器具や食器類、トイレットーペーパーや洗剤などの生活用品を販売している業者もあり、それらを利用すると文字通り身一つで入居することも可能です。

短期賃貸で注意することは?

短期賃貸のアパートを利用する際の注意点として、設備に関するトラブルがあります。
入居したら室内の設備や備品の確認をすることが大切です。備品が足りなかったり、電化製品が使用できない場合は、速やかに業者へ連絡しましょう。
また、入居中に壊してしまったり失くしてしまった場合も、早めに連絡することが大切です。退去時のトラブルに繋がりますので、迅速な連絡と対応が大事です。
また、設備や備品のトラブルに限らず、契約内容は事前に詳細を確認しておくことが重要です。契約期間を待たずに退去しなければならない時には違約金が発生したり、解約の手続きが面倒になったりする場合があります。
複数人で入居できるタイプはルームシェアも可能ですが、その場合は料金の仕組みや支払い方法などを事前に問い合わせておくことをおすすめします。

短期賃貸のアパートは時代にニーズに合わせ、女性専用のタイプペット可などの物件も増えてきています。新しい生活を気軽に始めることができるのが短期賃貸の魅力です。メリットを活用して自分に合った物件を見つけましょう。

ウィークリー・マンスリー
マンションお役立ち情報

掲載申込みについて

掲載申込みについて

当サイトでは掲載希望の業者様を募集しております。掲載申込みをする